勝てるオンラインカジノ評価部

日本人でも障壁無しでプレイできるオンラインカジノを取り上げて評価をしていきます

*

ルーレットではココモ法を中心に攻める遊び方

      2015/03/23

私はオンラインカジノをプレイしはじめて2年目のプレイヤーです。プレイはお金があれば、ほぼ毎日数時間は遊んでいます。

複数のカジノに登録して色んなゲームをプレイしたていますが、特に好きなのはビデオスロットとライブゲームで、特にライブルーレットをする事が多いです。

ルーレットにもコンピューターと対戦するソフト版と、実際にディーラーがいて海外のスタジオから中継されているライブがありますが、私がプレイするのはライブゲームのみです。

やはり対戦する時のドキドキ感と、カジノをプレイしているという雰囲気はオンラインカジノの中でもライブゲームならではのものがあります。

実際にプレイするカジノに関しては、なるべくアウトサイドのミニマムベット額が低い所を選びます。出来れば1ドルから、高くても5ドル以下のカジノが理想です。

というのも私のプレイ方法は、大体100ドル程度の入金をしてシステムベットを行い、1日に50ドルも儲かれば終了という形をとっているからです。

特に当たると3倍の配当が返って来るダズンへのベットを、ミニマム1ドルからのココモ法で攻める事が多いので、最低ベット額が高いカジノでは勝負をしないことにしています。

ココモ法は当たる迄ベット額を上げて行き、長い連敗をした方が当たった時の勝利金の利益は高くなって行きますが、約3分の1の確率で当選するダズンとは言っても実際に20連敗でもする可能性もあるので、自分でルールを決めた損切りが重要だと思っています。

ライブルーレットに関しては、アウトサイドのミニマムが低い事と00の目が無いヨーロピアンというのが、私のプレイ条件になっております。

ココモ法とは

1:2の配当の出るゲームで利用できる手法です。連続的に賭けを続けていく中でどのように金額を変えてゆくかという昔からある攻略法の1つです。

1:2の配当というのは$1を賭けたら$2の利益が出るという意味です。(賭けた$1と合わせて$3が手元に残ります)
ルーレットですと「ダズン・ベット」といって「1~12」「13~26」「27~36」のどこかに賭けるかけ方です。およそ当たりが出る確率は3分の1というところですね。

$1スタートで、負けたら次は$1、負けたら$2→$3→$5→$8→$13→$21→$34→$55・・・
と賭けつづけていきます。

どこかで勝ったタイミングで最初に戻ります。これを継続していく賭けかたです。

この手法だと、たとえば1~5回連続で負けて6回目で勝った時に
マイナス分:1,1,2,3,5なので-$12
プラス分:$16
なのでプラス$4になりますね。

たとえば9連続で負けて、10回目で勝った場合は
マイナス分:1,1,2,3,5,8,13,21,34なのでー$88
プラス分:110
なので差し引きプラス$22となります。

負ければ負けるほど利益が出る計算です。

 - 体験

  関連記事

初めてのオンラインカジノは大きく沈んで一気に回復する展開でした

友人がオンラインカジノにハマっていると、楽しそうに話していたので私も挑戦してみま …

ビデオスロットでJP狙い

オンラインカジノの魅力といえば、本場のランドカジノ同様にプレイ出来るライブでのテ …

どうせ勝てないと思ってプレイする

以前はパチンコやスロットにもよく行っていましたし、競馬も結構やっていました。でも …

猪突猛進のポーカープレイヤー

オンラインカジノの、ポーカーをしていた時のことでした。そこのカジノでは、有料のト …

ポーカーは奥が深い、ノリで決着がついてしまう

オンラインカジノで、テキサスホールデムというルールのポーカーをプレイしていました …

オンラインカジノで得た初めての配当

私は純粋にゲームとして、スロットやルーレットやブラックジャックを楽しむ人間でした …

ルーレットでマーチンゲール法を試してみたけどダメでした

日本の自宅に居ながらカジノゲームでお金を賭けられるオンラインカジノにチャレンジし …

自宅で手軽にブラックジャック勝負

よく海外旅行のついてにカジノに遊びに行っています。主に遊ぶゲームはブラックジャッ …